2015/2/14 up!



■ 皆さま、なかなか春になりきれない毎日ですが、体調など崩しておりませんか? 僕は珍しく…暖かい福岡県と、極寒の北海道を行き来してます。5月からは、毎月のように石川県金沢市にも通うようで、旅暮らしも楽しみですね(^_−)−☆

さて、5月は…デビュー以来初めてのストリートダンスの国内トップのフェスティバルに、ゲスト出演します。
僕の最も新しい邦楽バンド『THE BB's』のデビューライブや、僕の教え子の単独ライブ!へのゲスト参加、 大爆裂スーパーバンド『ヒダヤスナル』恒例の北海道ツアー…等々。 6月も東北ツアーなど、各地で大フィーバーします*\(^o^)/*

最近は、自分の将来の目標である『演出プロデューサー』としての仕事が…少しずつ増えてきておりまして、ライブなどで皆さんに直接お目にかかれない状況ではあります。 だからこそ、数少ないライブの機会がありましたら、是非!沢山の皆さまにお越し頂ければ嬉しいです。


■ 2013年12月【北海道旭川市/男山】、2014年12月【北海道増毛町/国稀】… ヒダノ修一は、2年連続で日本太鼓界!!初のプライベートブランド日本酒を発表しました。 現在お陰様で、日本全国の日本酒愛好家の方々より絶大な支持を頂いております。 日本最北端の酒蔵【国稀】は数量限定の販売となりますが、【男山】は通年販売しております。 皆様、是非!サイン入りの《純米酒ヒダノ》を通販にてお楽しみ下さいませ。
>>>お申し込みは コチラ

■ 2014年4月、UNESCO(国連教育科学文化機関)が主催し大阪城で開催された【International Jazz Day/Global Concert Osaka 2014】に、世界的JAZZピアニスト《Herbie Hancock All Star Band》のメンバーとして参加。Wayne Shorter(sax)、Marcus Miller(B)、Dionne Warwic(vo)、Lalah Hathaway(vo)、John Scofield(G)、Esperanza Spalding(B&vo)、Sheila E(perc)ら超一流アーティスト達と共演し、世界190ヶ国と南極大陸や宇宙基地までも繋ぎ、10億人以上が生中継を楽しんだ。

■ 2014年1月4日に開催された新日本プロレス【Wrestle Kingdom 8 in 東京ドーム】にヒダノ修一BANDで参加し、 客席を大いに沸かせた。後に3D映画となり、DVD化もされた。

■ 2014年1月29日、キングレコードから発売された新DVD【ももクロ 夏のバカ騒ぎ WORLD SUMMER DIVE 2013.8.4 日産スタジアム大会/ももいろクローバーZ】に、布袋寅泰、松崎しげる、らと共にゲスト参加している。

■ 皆様、ついに!ついに!日本酒好きのヒダノ監修によるお酒が登場しました。その名も【特別純米酒 ヒダノ】 製造元は、北海道旭川市の320年の歴史を持つ老舗『男山酒造』です。 いわゆる数量限定の記念酒ではなく、なんと!!通年ずっと販売され続けるお酒なのです\(^o^)/
>>> 詳細はコチラ!

flyer■ 日本を代表する巨匠ミュージシャン達との夢のスーパーセッションに、ゲストとして元MEGADETHのギタリスト!Marty Friedmanを迎えた、ヒダノ修一♪白熱の第2弾DVD『Don Fun Super Session!』好評発売中。 有名なネット通販会社であればほとんど購入可能ですし、全国大手CDショップ、全国有名楽器店などでも買えます。店頭に無くても、ご注文頂ければすぐに手に入ります。
【発売元/Atoss International】
>>> 詳細はコチラ!

■ ヒダノ修一が「世界一の演奏技術を持つ太鼓奏者」に選ばれました!! 応援してくれている沢山のファンの方々には、心から感謝しております。 6月29日に、大阪で開催中のイベント「世界一展」でトークショーを行います。           >>> 詳細はコチラ!

■ 2012年8月、サッカー【FIFA U-20 Women's World Cup Japan】公式開会式に出演(9月の閉会イベントの音楽監督も担当)。 これにより、2002年日韓大会閉会式、1998年フランス大会閉会式と合わせて、FIFA公式催事に3大会出演した唯一のアジア人となる。

■ お問い合わせ、ヒダノ修一宛の応援メール、ライブのご感想等は  hidashu @ da3.so-net.ne.jp
(@マーク前後のスペースを取ってご利用下さい)まで。

Update : 2015.6.12 LIVE 
flyer
flyer
flyer
flyer
flyer
flyer
flyer
   
SPECIAL THANKS
Photograph by Masakazu Kunimori
Photograph by Sakae Oguma

http://www.hidashu.com
copyright(c) 2001 hidashu.com All right reserved

menu English Profile